アメリカ、ドイツ、スウェーデン、オンラインギャンブル法に関しての問題

アメリカ、ドイツ、スウェーデン、オンラインギャンブル法に関して... 0001

最近の立法に関しての出来事で、インターネットギャンブルは国家と市場の間で起こっている国際貿易権利においての戦場だと定義している。

予想通り、アメリカはアンティグア・バーブーダとのインターネットギャンブル貿易に関して、反対論を最終判決の無いまま世界貿易機構に通した。アンティグアにとってこれは、貿易に関する他の処罰をエスカレートする機会となり、アンティグアはこの問題の追跡に時間をかける準備はできている。アンティグア代表John Ashe氏はWTOの拠点ジェネバで「WTOメンバーは賠償金のクレームを自国の経済の為にするだけでなく、アメリカにとって、このプロセスを困難にすることも重要である」とInternational Herald Tribuneで述べている。これは全てのWTOメンバーにおいて、アメリカに対し財政や他の事に関して処罰を与える機会である。

ドイツでは裁判所の判決の結果、ドイツのバイエルン州とオーストリアのオンラインブックメーカーbWinの裁判を取り消した。昨年末、bWinや他の企業が市場に入ってくる事を防ごうとバイエルン州の法律を改正しようと試みたが、最高裁判所でこの法案は認められなかった。そして今回、この裁判の全てが取り消されることになり、bWinはバイエルン州のギャンブラーを喜んで受け入れている。

州が認めているギャンブル企業に関して、スェーデンでもニュースとなった。いくつかの出版報告書によると、既にヨーロッパ連合に市場を開かない事で非難を浴びているスウェーデンは、国が管理しているSvenska Spelというモノポリーをやめるつもりはないらしい。もうじき総理大臣となる英国の財務省長官Gordon Brownは、スウェーデンは公式にモノポリーをやめさせる為には、多額のお金と他の企業からSvenska Spelを守るための条件を要求すると予想している。この件については、ヨーロッパ連合内で話し合いが行われるだろう。

More Stories

どう思われますか?