カナダ、オーストラリア、マカオがWTOの賠償請求団にに加わる

カナダ、オーストラリア、マカオがWTOの賠償請求団にに加わる 0001

カナダとオーストラリア、マカウがアンティグアバーブーダがアメリカに対して行っている世界貿易機構の戦いに名をあげた。

補償に関する罰則の全くないオンラインギャンブルについてWTO(世界貿易機構)から了承を得ようとするアメリカに対し、インド、コスタリカ、EU(27カ国を代表して)と新しく加わった国々はそれを阻止しようとさらに努力をしている。

ブッシュ大統領と数人の外交官は近日アンティグアの役人と対談した。最近のアメリカの発言はこうした島国に対して懐柔的な態度を取っており、他国の主張にもメリットがないと拒否している。アンティグアの主張言及し、アメリカの貿易議会のスポークスマン・Gretchen Hamelは次のように述べた。「我々はアンティグアバーブーダと共にこの問題に取り組み、互いに満足できる解決策を見つけたい。」

しかし、アンティグアはアメリカの国際的利権の独占に対して、先週今年の賠償要求が34.4億ドルにのぼるなど、さらに働きかけを強めている。この議論には短期的な解決方法がありそうもなければ、アメリカはWTOの要請に応えて調停のために何か提案するだろうと思われるが、これによってまたWTOの公的な解決策が数ヶ月に渡って遅れることになる。

More Stories

どう思われますか?