英国総理大臣、ゲーム改革を妨げる

英国総理大臣、ゲーム改革を妨げる 0001

アメリカではBill Fristがギャンブル禁止の宣伝役となり、オンラインギャンブルを暗黒時代へと導いた。今まで、アメリカの国民と自由市場哲学者は英国のオンラインに対する政策をうらやましがっていた。しかし、もうその必要はない。英国にもオンラインギャンブルを暗黒時代に導くリーダーが現れたのだ。新しい総理大臣、Gordon Brownだ。

英国は7年間も2005年のギャンブル法に含まれた法律の改善を行っており、今年の9月に完成する予定だった。インターネットを通してギャンブルを規制すると同時に、彼らは合理的な賭博に関する広告の規制も行い、ラスベガスのように厳しく規制されているカジノだけを認める方針を取った。世界各国の政府は、この英国の法律が違法インターネットギャンブルを抑圧できるのではないかと、長い間完成するのを待っていた。またカジノ企業は英国の景気が良くない地方自治体にカジノを建てる計画を立てていた。ある程度規制されているが、賭博に関する広告が合法になったことによって、一時的にメディア企業にお金が流れた。しかし、この何年間で作り上げたこの政策は、数ヶ月の間にGordon Brown総理大臣によって無と化した。

2007年6月27日にGordon Brownは英国総理大臣の任務を引き受けたが、以前から彼はギャンブルを廃止する運動を行っていた。総理大臣に任命される前、彼は財務省長官で政府の予算や税率を決める仕事をしていた。彼がオンラインギャンブルを規制しようとした理由は、税を低くして魅力のある海外の企業を英国に取り入れたかったからだ。政府の専門家や経済アナリストは2-3%の範囲でリモートギャンブル義務を当てにしていた。しかし、Brownが今年の初めに下院に予算を提出した時、彼は15%をリモートギャンブル義務に当てていた。リモートギャンブル協会のJohn Coates議長は、海外のギャンブル会社をイギリスに引き付けるのではなく、逆に15%の義務がイギリスで経営する事を選んだ会社に不利益を与えると言った。「イギリスは産業に背を向けました。現在、イギリスのベースの企業がオフショアビジネスと競争するのは不可能に近くなるでしょう。」

Brownはオンラインゲーム改革を脱線させることだけをしようとしていたのではない。英国において最初の最高のカジノライセンスを廃止する、とBrownが7月11日に発表したのだ。特にショックを受けたのは、北西の政府議員と企業だった。2007年1月に、マンチェスターはラスべガス-スタイルカジノの地域として選定された。高価な入札の長い過程の後、困難な問題を乗り越え、マンチェスターは2700の新しい仕事と2億ポンド(約500億円)の新しい投資の保証を得のだった。また、昨年イギリスでかなり大きい利益を得たHarrahとGentingのような大きいカジノ企業も、Brownの政策に影響を受けた。イギリスの7つのカジノを経営していて、更に4つのカジノを開発しているHarrahは国際ロンドンクラブにも参加していた。 2006年10月に、Gentingはイギリスで最も大きいカジノ経営者のStanley Leisureと会話をしていた。HarrahとGentingの両方のための計画は基本的に同じだった:英国で発展しつつある賭博企業に足を踏み入れることだ。しかし、Brownの最近のギャンブルに関する決定によって、英国でのギャンブルの発展は減速し、逆に英国の賭博政策が進められていくことになる。

2007年3月、英国の規制者はガイドラインの厳しいギャンブル広告規制を、子供と「社会の傷つきやすい人々」に発表した。 しかし、先週、カジノが成功した数日後に、英政府はギャンブル広告の禁制を見直すことを発表した。 禁止令は2005年の賭博条例の制定と同時に作られ、今年9月に消される事となる。政府のスポークスマンは、この作業は「時間がかかる限りかかる」と述べた。

英国の賭博改革の計画は、作成に7年かかったが、現在の米国方針に対し今日日深いものとなった。しかし、7年間かけて作り上げた計画は、1人の人物によってたったの4ヶ月でつぶされた。英国の賭博政策の経験は私たち自身を映し始めている:一人の人間の願望運動だ。

More Stories

どう思われますか?