NETellerの共同創設者有罪

NETellerの共同創設者有罪 0001

今日発表されたことによると、NETeller Plc共同創設者のJohn David Lefebvreは共同創設者Stephen Lawrenceとの共謀犯罪についての裁判で、アメリカ連邦検察官らへの嘆願に同意した。これは2週間ほど前にLawrenceによって受け入れられ、Lefebvreも検察に協力し必要であれば証言もすると同意したので、アメリカ政府の要求する$100万ドルの罰金を部分的に負担することになる。

Lawrenceは罪状1つのみで検察側に嘆願もしているので、彼の罪は最大でも5年の実刑になるが、実際はもっと短くなるだろうといわれている。マンハッタンにいるアメリカ地方裁判官のP Kevin Castelにこの嘆願は提出され、CastelはまたLawrenceの嘆願同意の議長も務めた裁判官である。

NETellerは1月の2人の逮捕を受けてアメリカ市場から撤退し、自主的に全体の3分の2 のマーケットをあきらめることになった。(とは行ってもLefebvreとLawrenceが逮捕された時、彼らはすでにNETellr職員ではなかったのだが)2006年上半期にNETellerは50億ドルを超える現金振込み処理をし、そのほとんどがオンラインギャンブル関連だった。

未だ解決されておらず近日の情報公開を期待されるのは、NETellerによって凍結された約1.55億ドルのアメリカ顧客預金の再支払いだ。この金額は容疑者らの犯罪に対する1億ドルの罰金とは別に査定さてている。

More Stories

どう思われますか?