WSOPストーリー:Jeff Madsen、プロップベットで負けても愛想はそのまま

WSOPストーリー:Jeff Madsen、プロップベットで負けても愛想はそのまま 0001

2006年WSOPで2つのブレスレットを獲得したJeffMadsenは自分が愛想のいいことを示した。金曜日、Madsenは負け てもそれは変わらないことを証明した。Madsenはメインイベ㠃?ト1日目で脱落はしなかったし、むしろいい状態で勝ち残㠁?ていた。しかし、彼はプロップベットで負けてプレーす゠?間道化師の格好をしなければならなかった。

プロップベットはメインイベントまでのWSOPイベントでのJoe SebokやGavinSmith、Madsenのプレーに関わっている。彼らは最大20イベントだ?でプレーできた。順位とバイインした額によって決まるポ イントシステムを使って、勝者が決定される。勝者は、う㠂?やましいことに今年5つのWSOPイベント(11位と14位で終わだ?たものも含み)で現金を得たSebokだった。彼は勝者として㠃?レー中は王様のローブと冠をつけることになる。さらに彠?はメインイベントで勝ち残っているかぎり、毎日道化師( の格好をした敗者)たちによってAmazonballroomに運ばれる。

金曜、Madsenは明らかにマスコミのターゲットとなった。彼だ?テーブルにカメラとリポーターが集まり、彼はなんとかゲ ームに集中するように努めた。Liz Lieuが隣のテーブルから「Jeff,その格好かわいらしいと思うよ」と呼びかけると、彼は皮肉 っぽい笑顔を見せた。

Madsenよりも少々社交的・率直な彼がGavinSmithがどれくらいに道化師の帽子の重みに耐えることができ㠂?のかはまだわからない。もう一つまだわからないのは、だ?とどれくらいSmithとMadsenがSebokの重さに文字通り耐えるこだ?ができるのかということだ(敗者は勝者をトーナメントの 行われる場所まで運ばなければならない)。もちろんSebokだ?、WSOPメインイベントのほかのプレーヤーと同様に、彼らだ?ファイナルテーブルまで自分を運んでくれることを祈って いる。

More Stories

どう思われますか?