Bodogが特許裁判でドメイン名を失う

Bodogが特許裁判でドメイン名を失う 0001

特許権侵害についての裁判で自社のドメイン名を失い、アメリカに友好的なPoker Room and Sportsbook Bodog.comは先日大混乱に陥った。1st Technology LLCのDr. Scott LewisはCalvin Ayreのウェブサイトに対して告訴し、Bodogがこれに対応し損ねたのを受けて、判決はLewisに4860万ドルを与えることとなった。

結果として、Bodog.comドメインの保有者は昨日排除され、サイトは空白と化した。この一時的な混乱だけでなく、アメリカで人気のBodogのポーカールームとスポーツブックはめちゃくちゃにされた。

Googleのサーチエンジンによってもたらされていたサイトのヒット数を失うので、この事件はBodogにとって大きな衝撃だ。「オンラインポーカー」や「スポーツ賭け」という言葉を入力すれば、常にBodogの名前がトップ5には入っていたし、これによって多くの人がウェブページを見るように仕向けられていた。Bodogがスポンサーを務めるプレーヤーである「Jamie Gold」もまたGoogleでよく検索される単語であり、多くのポーカープレーヤーをBodogのウェブサイトに導いてきた。

Bodogは新しく一時的なウェブサイトnewbodog.comを立ち上げてすばやく事態に対処し、このサイトは昔のものと同様に働いている。Calvin Ayreはnewbodog.comに次のようなコメントを発表している。

「我々は今回の議論を戦っている最中だ。我々は勝利を確信しているが、事態が全て収拾するまでは、この戦いがみなさんのプレーを妨げないようにしたい。よって、私はnewbodog.comを皆さんに提案した。我々は以前のサイトに残る問題を可能な限り早く解決するよう努力しており、我々のオリジナルサイトが早く再建できることを期待している。」

昨日接続時にいくつか問題が起きた後は、オンラインポーカールームは完全な状態に戻った。Bodogのアカウントを持つ人はnewbodog.comでも同じように利用できる。

Ed Note:Titan Pokerではドメイン名に関する問題はなし。新たにサインアップすると$50のボーナスがもらえる。

More Stories

どう思われますか?