Julian Thew がEPT バーデンクラシックで優勝

Julian Thew がEPT バーデンクラシックで優勝 0001

ノッティンガムのJulian 'YoYo' Thewは、ずっと彼から逃げていたEPTタイトルをついに手に入れた。EPT バーデン・クラッシックが彼にとって4回目のEPTのファイナルテーブルとなった。2004年のロンドンでは4位、ダブリンでは7位、そして2005年のコペンハーゲンでは4位で終了した。JulianはUKサーキットで最もスキルのあるプレーヤーの一人であり、このタイトルを獲得することによって、世界的にも彼は実力を証明した。

今年は282人のプレーヤーが集まったが、過去2回のEPTより少ないフィールドとなった。Patrik AntoniusやBarry Greenstein, Dario Minieri, Chad Brownなどの国際的なプロプレーヤーもイベントに参加した。そして、670,000ユーロとタイトルが優勝者を待っていた。

トーナメントのはじめはJulianとロシア出身のVladimir Poleschukとの間で、チップリーダーは移り変わりしていた。Thewがゲームを支配し始めたのは、アメリカ出身のThomas Fullerの6のセットに対し、フラッシュをキャッチして勝った後だった。そして、チップを無くしたPoleschukをハンガリー出身のDenes Kaloが倒し、ThewはDenesに対し2:1のチップリードでヘッズアップ対戦となった。

Kaloに対して大きなチップリードがあったにも関わらず、Thewが勝利を得るのには1時間以上かかった。最終的に、全てのチップは両プレーヤーがエース1枚を持っている時にテーブルの中心に集められ、Thewの8キッカーがKaloの5キッカーに勝った。

先月、ThewはGUKPTプリマスタイトルを勝利し、ポーカー世間はイギリスの最も優れているプレーヤーの一人が、ようやくメジャータイトルを獲得した事に安心した。この、勝利によって、Thewの2007年のポーカーは素晴らしいものとなった。彼は過去数ヶ月にプレーした全てのトーナメントで支配している。

私は40回目の誕生日までに抵当を全て支払うと契約していて、EPT バーデンが始まった時にはあと10日間しか残っていなかったんだ。私は優勝したことがまだ信じれないよ。EPTの参加人数はとても増え、うまいプレーヤーも沢山いる。'優勝できる'と思うが、それと同時に'絶対それは起こらないだろう'とも考えてしまうんだ」とThewは試合後に語った。

これはイギリスへの大きな勝利だけであるのではなく、一般に、ポーカーの為の素晴らしい勝利でもある。Julianはとても優しく、あなたがテーブルで会うプレーヤーの中でもっとも謙虚なプレーヤーの一人だろう(しかし、彼は対戦する中で最も恐れるプレーヤーの一人なので、性格と矛盾している)。この勝利はJulianの為のものであり、これは世界のポーカーイベントにおけるJulianの攻撃の始まりであるかもしれない。

ファイナルテーブルのペイアウトは次の通りだ:

1 Julian Thew 670,800ユーロ

2 Denes Kalo 375,000ユーロ

3 Vladimir Poleschuk 225,000ユーロ

4 Thomas Fuller 160,820ユーロ

5 Thierry Van den Berg 132,900ユーロ

6 Manfred Hammer 105,000ユーロ

7 Ted Lawson 83,600ユーロ

8 Anton Allemann 60,000ユーロ

More Stories

どう思われますか?