国会議員とEUはUIGEA巻き返しに必死

国会議員とEUはUIGEA巻き返しに必死 0001

アメリカ通商代表Susan Schwabへの最近の通知によると、下院議会の2議席とその他6人の国会議員はオンラインギャンブルに関するWTO問題についての組織の最近の態度を批判した。特にブッシュ政権はUIGEAに従い、EUを含めてWTOのメンバーに高額の補償金を払うのをやめるべきだということに重点を置いている。

5月にアメリカがWTOの貿易についての決定をうけてオンラインギャンブル市場から撤退したとき、その貿易相手からのおよそ1千億ドルの補償要求に答えた。下院金融サービス委員会代表Barney Frankと下院司法委員会代表John Conyersはアメリカ通商代表部の最近の立場はアメリカ経済に高くつく上に、さらに重要な影響を与えるだろうと主張した。彼らは次のように述べた。「我々はおそらくこの撤退が貿易パートナーとしてのアメリカの信頼にどのような影響を与えるかということをより心配している。」さらに、アメリカの政策は他の国にも自らの貿易についての決定に従うように勧めており、それは「不便で政治的にも難しい」。

国会議員の通知はさらにこう続ける。「我々は可能な法的解決策を考えることに興味示すためにこの手紙をかいています。また、その解決策が我々の決定を放棄することなく、GATS合意と共にアメリカのコンプライアンスを回復させることを望んでいます。」

この意見は今週ヨーロッパ通称代表Peter Mandelsonは火曜にヨーロッパ議会に向けて演説した際に繰り返された。「アメリカは間違ったことを正しいとするために補償金を選択してきた。私は補償金がその仕事を十分にしていないと思っている。現在のアメリカの法律によって排除・差別されている海外の経営者のためにも、我々が本当に必要なのは正しい法律である。」とMandelsonは述べた。

Mandelsonは今月始め、ワシントンにいるアメリカ下院議員Barney Frankのもとを訪れた。Mandelsonは火曜に、法律を変えようというFrankの試みが成功することを望んでいると述べた。

More Stories

どう思われますか?