米が欧州連合とWTOオンラインギャンブルに関する問題で和解

米が欧州連合とWTOオンラインギャンブルに関する問題で和解 0001

ロイター通信社は昨日、アメリカの世界貿易機構(WTO)貿易相手国のオンラインギャンブル市場締め出しに関してヨーロッパ連合・カナダ・日本と和解合意したと報じた。EUは「これからもアメリカインターネットギャンブル法についての差別的な扱いがなくなるように求めていく」と述べたが、この和解でアメリカではUIGEAの文章で課せられた規制や現在のオンラインギャンブルについての貿易政策を変えなければならないプレッシャーが弱まった。EUの発表では、上場しているオンラインギャンブル企業の株価は下がった。PartyGamingの株価はこのニュースで5.79%低下した。

交渉中は、EUへの貿易賠償金は1兆ドルになると予想されていた。アメリカ通商代表部 のスポークスマンGretchen Hamel氏は、この政策は「保管業務、技術的検査、調査・開発、国外行き国際郵便サービスのため自由な市場を保つことに対するコミットメントに関連している」と述べた。Hamel氏はインターネットギャンブルの海外禁止を保つための貿易特権の価値を公開するのを断った。

5月にオンラインギャンブルを貿易コミットメントから取り消してからEUはアメリカにコストを示しているが、アメリカにはまだ未決定の賠償金取引がいくつか残っている。インド、コスタリカ、マカオとの交渉はまだ続いている。さらにWTOの貿易に関する決定を元にアメリカに対して猛攻撃する引き金となったアンティグアとバーブーダへの賠償金額も決まっていない。主にアメリカ音楽・映画・ソフトウェア製品の著作権侵害という形で毎年34億4000万ドルの裁金を課すために、アンティグアはしっかりとしたWTOの許可を得ている。アメリカは$500,000を超えるダメージにたじろぐだろう。

More Stories

どう思われますか?