イギリスギャンブルがまた主流な報道に

イギリスギャンブルがまた主流な報道に 0001

イギリスギャンブル産業は今またしても全国規模で報道され、なんともいえない一週間が待ち構えていそうだ。2005年ギャンブル法が9月に施行され、イギリスギャンブル産業は初めてテレビで宣伝活動をできるようになったり、イギリス初の「スーパーカジノ」計画がふり出しに戻ってしまったりと、よいことと悪いことの両方を楽しむはめになっていた。

先週はAdvertising Standards Authority (ASA)が2007年9月から10月にかけてギャンブルメディアに関する初めての調査を行なった。彼らは99%の企業が問題あるギャンブルと戦い被害を受けやすい社会的弱者を守るために作られた広告規則を編集していると結果を公表した。

784の広告の中で、この規則を違反していると分かったのはたった7つだ。問題の広告主らは連絡を受け、もうその広告を放送しないように要求された。これらは紙の公告、テレビ広告ダイレクトメールなど、どんなメディアにもおよぶ。これはPartyGaming, Ladbrokes、 Full Tilt など56ある主要なテレビ広告が規則を元に編集しているということだ。

これはイギリスギャンブル産業にとってとても積極的なメッセージだが、より悲観的に見られている「スーパーカジノ」の問題は明日どうなるのか公表される予定だ。多くの専門家はラスベガススタイルのカジノ計画はGordon Brown,によって公式に棚上げされ、それによりマンチェスター市は法的な手段に出ると見ている。

マンチェスターのスーパーカジノができれば3000以上の仕事が生み出されると予想されており、この計画がまだ進められているという仮定のもと25000万ポンド以上が地元の権力者から投資されたと言われている。マンチェスター市役員らは政府に対して法的な手段に出ると広報に知らせており、これによってTimes OnlineはGordon Brownが市に対して何百万ポンドも保障を申し出るかもしれないと予測した。コミュニティの秘書Hazel Blearsはすでに市を改心させるために、路面電車サービスや医療調査部を大学に作るなど代わりの計画を企画し始めている。

More Stories

どう思われますか?