イギリス、ポーカー関連報道増える

イギリス、ポーカー関連報道増える 0001

主流なイギリス報道にポーカーが登場する時は、大抵ギャンブルに反対する社説かポーカー産業の衰退についてのビジネス欄だ。しかし今週はいくつかの主要な新聞でポーカーが特集され、しかもその全てが率直に言うと奇妙な理由からだ。

先週はイギリス軍の間で行なわれたと噂される「ストリップポーカー」ゲームについての驚くべき話から始まった。我々はこの問題を毛嫌いしていたのだが、私はストリップポーカーの負け試合について想像させられてしまった。WSOPの拡大するスケジュールと同じように、そこにも$10,000チャンピオンシッブイベントが行なわれる余裕があるのだろうか?これはファイナルテーブルでPhil HellmuthとDoyleを見かけない数少ないイベントのひとつだろう(実際、彼らはポーカーコミュニティの99%に登場している)。

今朝新聞の裏面に載ったもう一つの大きな話は、ハンプシャーとの契約があと一年残っていたにも関わらずShane Warneがクリケットの第一線から退いたことだ。各新聞によってその真意は異なっている。ある新聞では家族ともっと長い時間一緒に過ごすため、他の新聞ではIndian Premier Leagueでより長い時間過ごすため、また他の新聞ではさらなるポーカーでのキャリアを目指すためらしい。

今年最初に彼が888.comと契約を交わしたという噂を報道したので、最後の理由について我々はすでに知っている。ポーカーについては主に皮肉に報道されており、いくつかのタブロイド紙では冷笑も込められている。もちろん今週報道されたポーカーセレブリティはShane Warneだけではない。AnthraxギタリストのScott IanはUltimatebetのプロとして今週明らかになり、Shannon ElizabethはDancing with the Starsのアメリカ版から追い出された。セレブリティポーカープレーヤーにはあまりよい週ではなかったようだ。

我々が楽しい話で終わらせることができたので、幸い今週紙面上ではポーカープレーヤーにとって破滅と暗黒ばかりではなかった。ある研究では我々の祖先であるチンパンジーからポーカーへの愛情が説明できると提案している、とDaily Mailは明らかにした。どうやらチンパンジーは意思決定に直面した時いつでもハイリスクな方を選ぶ傾向があるらしい。この結果は一般的に草食動物であるチンパンジーがより大きな成果のために狩りをすることから導き出された。一定条件で行なわれた実験で、チンパンジーは2つのボールを選ぶように仕向けられる。1つボールの下にはいつも4つのぶどうが置いてあり、もうひとつには1から7つのぶどうが置いてある。チンパンジーは他の類人猿よりもギャンブルに出る傾向が強く、大抵はハイリスクなボールの方を選ぶようだ。

今度地元のカジノに行って目の前にいる大きくて毛深い変人がフラッシュドローを作ることが出来なかったら、彼がどこからその性質を得たのか分かるだろう。

More Stories

どう思われますか?