Marty SmythがPartyPokerワールドオープンIVで優勝

Marty SmythがPartyPokerワールドオープンIVで優勝 0001

Party PokerのワールドオープンIVファイナルテーブルは今年一厳しいものとなった。イギリスで名の知れたプレーヤーがファイナルテーブルに進んだのだ。2007 Irish Openチャンピオンで何度もテレビ放映トーナメントファイナルテーブルに進出経験のあるMarty Smyth、2008 Irish OpenチャンピオンのNeil Channing、GUKPTマンチェスター優勝者のMarc Goodwin。ファイナルテーブルの全進出者は以下の通り:

444,000 MARTY SMYTH
388,000 NEIL CHANNING
192,000 ANDY WARD
180,000 MARC GOODWIN
120,000 DIXIE DEAN
76,000 RYAN FRONDA

このイギリス人の強豪の誰を応援しようと考えたが、結局はこの3人が上位を占めた。Marc Goodwinが3位、Neil 'Badbeat' Channingが2位、そして優勝はMarty Smyth。Poker Million、2度目の達成となった。

"本当にうれしいです"、と2007 Irish Open優勝者で2年連続でPoker Millionのファイナルテーブルに進出したSmyth。"Neilとはヘッズアップはしたくない、と思ってたよ。トロフィーと優勝賞金を獲得し、ベガスに持ち帰ることが出来て本当にうれしい。"

昨年SmythのIrish Open Championのタイトルを奪い、その後チーム英国として戦ったPoker Nations Cup でも優勝したChanning。さらにはEPTモンテカルロでもいいプレーを見せた。最近の彼の成功にもかかわらず、2位という結果に残念そうな表情を見せた: "僕の日だと思ってたんだけど…ファイナルテーブルで、もしこれに勝てなかったらがっかりするだろうなぁ、と思っていたんだ。実際、ほんとがっかりだよ。2つ目のタイトル奪取できたらちょっと馬鹿げていただろうね"とコメントを残した。

Channing が優勢な時点で、2人が奇妙なハンドでぶつかった。ブラインドは7/15、Channingがスモールブラインドからオフスーツの5と10でリンプイン。GoodwinはビッグブラインドからオフスーツのK 5でチェック。フロップは何と…10 10 10。Channingがフロップで4カードのナッツ完成。両者チェック。ターンに落ちたのはKでGoodwinがフルハウス完成。Channingが$35kをベットするとGoodwinが$70kにレイズ。カードをチェックしたChanningがオールイン。Goodwinがすぐにコールし、'バッドビート'で敗れたGoodwinは3位で終了した。

しかし、2対1のチップ差から逆転劇を見せたSmythが見事にChanningを下した。Channingがポケット9でリンプイン、Smythがポケットクイーンでレイズ。最終的には両者オールインし、Smythがそのまま逃げ切り、ワールドオープンIVチャンピオンに輝いた。

PartyPoker.comのスポークスマン: "間違いなくMartyは非常に人気のある勝者です。 Channingの勢いを止め、ヨーロッパポーカー界の願いを叶えた。現時点では最も輝いているプレーヤーの一人であることには間違いありません。"

ファイナルテーブルの賞金は以下の通り:

1位 - $250,000 – MARTY SMYTH

2位 - $100,000 – NEIL CHANNING

3位 - $60,000 – MARC GOODWIN

4位 - $30,000 – ANDY WARD

5位 - $25,000 – DIXIE DEAN

6位 - $20,000 – RYAN FRONDA

追記:  Party PokerでAPTマニラへチャレンジしよう!

More Stories

どう思われますか?