トロントのアンダーグラウンドポーカーを摘発ターゲットとした

トロントのアンダーグラウンドポーカーを摘発ターゲットとした 0001

プライベートなポーカーゲームへの警察の踏み込み捜査がまた先週トロントで行われた模様です。今回は少なくとも4つの踏み込み捜査が行われたと思われ、疑われていた"ゲームハウス"で50人近くの参加者が罰せられました。捜査が行われた4つの地域は住宅地ではなくビジネス街で、4つのうち3つは工業地帯であり、最後のひとつはGarden of Eden と呼ばれるスポーツバーだったということです。4つうちの3つがトロントの州内だったのに対し、4つ目の捜査はトロントの隣の州であるオンタリオで行なわれました。

7月18日に行なわれた一連の捜査は9人をゲームハウスを経営していたとして検挙し、そこにいた38名、大人36人と未成年2人をそこで行なわれていた賭博の疑いで罰しました。 "Organized Crime Section Illegal Gambling Unit"と呼ばれるトロント、オンタリオ、ダーハム各州の一連の捜査は、$12,000を各プレーヤーから、そしてハウス内の$23,000相当のテーブル、チップ、イス等の器具を押収しました。

この捜査で検挙された人たちは年齢19歳から88歳までの45人であり、一連の捜査の波は、2007年の11月に同じように行なわれ60人が逮捕された捜査の続きと見られています。、トロントの現地新聞にはトロント警察のDet. Emilio DiPoce の声明が載せらました。その声明の中で彼は、これは億単位の金額が動く犯罪の賭博を取り締まる始まりに過ぎないと断言しています。

More Stories

どう思われますか?