オランダの教授は技能ゲームにポーカーを挙げた。

オランダの教授は技能ゲームにポーカーを挙げた。 0001

偶然が左右されるゲームとスキルゲームを比べるときにオランダ政府は独自のオフィシャルな公式を使う事、ポーカーに関するオランダの公的立場に対し、てオランダ人の数学教授 Ben van der Genugtenは批評しました。オランダCasinoにポーカーを提供する占有権を与えるかどうかの1998年の判決についてもです。

ポーカーに関する彼の声明は彼の引退録に発表されました。そこにはポーカーの技能要素をはっきりさせる数学的証明が示されています。

オランダのBetting&Gaming条例に基づき規制されるように、オランダの政府が様々なゲームの技能要素を算定するのに使用するために、Ben van der Genugten(ティルブルフ大学の確率と数理統計学教授)は、総合的な「スキル」格付けを各ゲームに与えるのにかなり簡単な公式を使用しました。 Ben van der GenugtenはPeter Bormとともに数学と様々なゲームを評価するためのゲーム理論を研究していました。

2人の教授が使用した公式はこれでした:

スキル=学習効果/(学習効果+チャンス効果)

上記では、「学習効果」は熟練のプレーヤーと初心者の間の違いと定義されました。 全てが偶然に左右されるゲームには、ゼロの「スキル格付け」がつきます、何らかの技能を含むゲームではその数値は、より高く技能の影響が結果へ動きます。 Ben van der GenugtenとBormは、他のカジノゲームが技能に全くかかわらなかったか、またはわずか少量(ブラックジャックを含み)だけでしたが、ファンタジースポーツさえも超えていたのはポーカーのスキル(数値0.4)です。ファンタジースポーツは0.3と格付けされました、ポーカーの0.4格付けはかなり高いです。

ポーカーがオランダの法の下で再検討されるという事はBen van der Genugtenが声明を撤回する事につながるでしょう。

More Stories

どう思われますか?