PartyGamingのManaging DirectorであるJohn O'Maliaが退職

PartyGamingのManaging DirectorであるJohn O'Maliaが退職 0001

ペンシルバニアのある裁判所が、ポーカーは運よりもスキルが重視されるゲームだということを認めました。これはポーカーゲームを開催していたために起訴された被告の裁判の途中で起きた出来事で、この裁判官はポーカーで長い期間での成功をつかむにはスキルの要素が不可欠だと結論付けています。

これは裁判官であるThomas A. JamesがWalter Watkinsのケースを担当していたときのもので、Watkinsはポーカーゲームを開催するにあたり、レークをとってはいませんでしたがディーラーへチップを渡していたために違法とみなされ起訴されていました。なお今回のケースではWatkinsは勝訴、無罪となっています。

裁判官のJamesはポーカーについて以下のコメントを残しています。

"単純に、もしTexas Hold'emがスキルよりも運の要素のほうが大きいゲームならばそれはギャンブルであり、スキルが運の要素を上回るならばそれは競技だ。そして、Texas Hold'emにおいて、運よりもスキルが重要だということは明らかだ。"

この結論には州レベルでポーカーに関する動向を追っているポーカープレイヤー協会(PPA)も当然賛同しており、徐々に法律の範囲でもポーカーが認められ始めているようです。

More Stories

どう思われますか?