Full TiltとWSOP

Full TiltとWSOP 0001

スケジュールが決定し、事前登録も始まっている2009年WSOPですが、今回Full Tilt PokerがWSOPに関するプロモーションを発表しました。

中でももっとも大きなプロモーションは$10 ミリオンメインイベントマニアと呼ばれるもので、これはもしFull Tilt Pokerのサテライトを通してメインイベントに参加したプレイヤーが優勝した場合、優勝賞金のほかにさらに$10ミリオンが支払われるというものです。

Full Tiltがこの企画を行うのは今年が5回目になり、過去に一番成功に近づいたのは2007のLee Watkinsonになります。WatkinsonはFull Tiltのサテライトを使ってメインイベントエントリーを獲得し、ファイナルテーブルまで駒を進めました。最終的に彼は8位でトーナメントを終了しています。

Full TiltはWSOPへの様々なサテライトを行っています。来週には81プレイヤーのシュートアウトトーナメントを日に2回行い、1位のプレイヤーには$12,000メインイベントエントリーを獲得することができます。また、これとは別に週5回のパッケージ保障トーナメントを行う予定です。

WSOPも近づく5月の終盤、Full Tiltは"150シート保障" トーナメントを企画しています。このトーナメントの上位150人はメインイベントのパッケージを獲得することになり、保障額に直すとなんと$1.8ミリオンにもなります。また、ほかにも$2,000相当のサブイベントパッケージが保障されるサテライトシリーズも行われる予定です。

More Stories

どう思われますか?