Full TiltスポンサーのWSG

Full TiltスポンサーのWSG 0001

ポーカーと関連付けられたゴルフトーナメント、World Series of Golfがラスベガスに帰ってきます。3年目の今年は5月11~15日の期間で開催され、このイベントは全面的にFull Tilt Pokerにスポンサーされています。舞台は著名な建築家であるPete Dye がデザインしたPaiuteゴルフリゾートとなっており、バイインはとなります。参加者は125人に限られており、上位の25人には$700,000の賞金プールから賞金が分けられます。また、今年のWSGの優勝賞金は$300,000.となっています。

このWSGはメンタル的な側面が試されるベッテイングの技術と、体力的なゴルフの技術の側面の両方が試されるイベントとなっており、ハンディキャップも適用されます。大会の形式はポーカーのシュートアウトトーナメントのようになっていて、各グループの勝者が勝ちあがり決勝を戦う形式です。各ホールではプレイヤーはポーカートーナメントのようにアンティを支払い、その後のベッティングラウンドでは各自の状態、今までのショットに基づきチェック、ベット、レイズやフォールドといったアクションをとってゲームを進めていきます。

ゴルフプロの参加は禁止されていますが、ポーカーのトッププロは多数参加する模様です。過去の大会に参加した有名な名前はPhil Ivey, Chris Ferguson, Erick Lindgren, Allen Cunningham, そしてDaniel Negreanuなどがおり、Negreanuは自身のブログで2009 WSGの参加を表明しています。また、大会は毎年多数のセレブレティも参加し、まさにスポーツとエンターテイメントの祭典ということができるでしょう。$10,000の参加費にはラスベガスのThe Mirageホテルの宿泊費も含まれており、大会のさらなる詳細はworldseriesofgolf.com.をチェックしてください。

More Stories

どう思われますか?