ポーカー界ファッションTOP10

ポーカー界ファッションTOP10 0001

ポーカーとファッションは一見すると水と油のようにそりが合わないもののように見えます。ポーカープレイヤーはカジノのポーカーテーブルに1日12時間座り続けプレーすることもざらにあり、ファッションを気にするよりも楽な格好を選ぶプレイヤーも多いことも事実です。しかし、最近ではポーカーはインターナショナルなスポーツとして認められ始め、何億円もの賞金が動くトーナメントではテレビ中継されることも珍しくありません。そう、現在、ポーカーとファッションは切り離せない存在になり始めているのです。

今日はそのなかでも特にお洒落なプレイヤー10人を紹介しましょう。

10. Isabelle Mercier

Isabelle Mercierは過去4年間スーツケースとともに暮らしていますが、常にスタイリッシュであることを維持しています。デザイナーデニム、黒いカクテルドレス、そしてアクセサリーやヘアスタイルにも気を使っている彼女はLouis Vuittonのレザーのファンでもあり、Manolo Blahnikの靴やプラチナのジュエリーも身につけています。Mercierのスタイルはファッションと着心地の両方をよいバランスで保っているということができるでしょう。

9. Jeffrey Pollack

WSOPコミッショナーでもあるJeffrey Pollack、たとえ14時間にもわたるファイナルテーブルでの戦いの後でも、彼のスーツと髪型は少しも乱れはしません。彼は常に黒い細身のスーツに身を包んでおり、ボタンダウンのスーツとシルクのネクタイも彼のファッションを引き立てています(ジーンズ姿の彼は今まで一度しか見たことがありません)。時にはピンクのオックスフォードシャツを着て"Shuffle up and deal"とアナウンスする彼も、自身のスタイルを確立している一人だといえます。

8. Evelyn Ng

Evelyn Ngのファッションはパーフェクトカジュアル。時にはタンクトップやパーカーにデザイナーデニム、そしてスニーカーといった非常にカジュアルな格好を彼女は好んでいます。彼女の代名詞ともなった大きなシルバーのイヤリング、そして数々のサングラスコレクションとともに、全世界の女性ポーカープレイヤーにとって1つの基準となっているのが彼女の存在です。

7. Patrik Antonius

黒いシャツ、ジーンズ、白いユーロスニーカー、スキンヘッド、全てが元モデルのプロポーカープレイヤーであるPatrik Antoniusに非常によく似合っています。彼はファッションを変えることはほとんどせず、また変える必要もありません。.ロンドンの格調高い Fiftyカジノで行われた2007 WSOP-ヨーロッパでも彼は彼のスタイルを通し、ドレスコードに厳しいフロアマンたちを納得させました。

6. Brandon Adams

ハイステークスキャッシュプレイヤーであるBrandon Adams、もう1つの仕事としてハーバード大学教授の顔を持つ彼のファッションはピンストライプのボタンダウンシャツ、そしてウールのボトムスを基本としたものです。奇抜なものではなく、一見すると普通、地味とも思える彼のファッションですが、テーブルでの存在感を損なうことはなく、プロフェッショナルとしての成果と注目、尊敬を同時に集めることに成功しています。

5. Marcel Luske

Marcel Luskeはとてもフレンドリーな人物です。彼のファッションは常にSavile Rowのスーツにシルクのネクタイ。このオランダ人はこの組み合わせで様々なカラーバリエーションを持っており、ライトグレーからジェットブラックまで毎回コーディネートを変えることが可能なのです。また、彼のトレードマークともいえる上下さかさまのサングラスも合せ、テーブルでの彼のスタイルはせみフォーマルに近いものだといえるでしょう。

4. Tony "Bond18" Dunst

オーストラリア人プロのTony Dunst 。彼と同じ世代のプレイヤーの多くは服装にあまり気を使わず、家の中で着ている部屋着をそのままカジノに着てくるものも多いのですが、彼はプロフェッショナルらしい努力をファッションの面からもしています。去年のWSOPで彼はピンストライプのボトムスにボタンダウンのシャツ、そして光沢のある黒い靴でキメてきました。若く、才能のあるプレイヤーである彼は、テーブル上で目立つすべを知っているのです。事実、パーカーだらけのポーカーテーブルで彼の姿はとても目に残っています。

3. Liz Lieu

おそらくLiz Lieuの2番目の趣味はファッションなのでしょう。 $400-$800のリミットホールデムのゲームで優勝した後、賞金よりも彼女は自分のハンドバックがどうおしゃれに見えているのかを気にしています。ChanelのジャケットにRoberto Cavalliのプリント、そして彼女の冒険的なファッションセンスは次に彼女が何を着てくるのか楽しませてくれます。また、彼女の長い黒髪も彼女にとってはキャンバスであり、その日のムードに合せてブロンドや赤、さらには紫にまで色を変えることもあります。

2. Kristy Gazes

WSOPでプレーしているときも、またはその日の夜にバーで飲んでいるときも、Kristy Gazes はけして Jimmy Choosを手放してはいません。このデザイナー靴はClonie Gowenと2007 NBC National Heads-Up Championshipsの一回戦で戦ったときに手に入れたもので、この戦いは2回戦進出がかかっているだけではなく、負けたほうが新しいデザインのChoos.を買わなければいけないというサイトベットも含まれていたのです。Gazesはこの大会でクォーターファイナルまでコマを進め、ストラップつきのヒールも手に入れました。その他の彼女のファッションはダークデニム、シンプルなダイアモンドのスタッドイヤリング、そして数々のデザイナーサングラスコレクションといったものです。

1. Erica Schoenberg

Erica Schoenbergは、自己主張の手段としてファッションを取り入れているプレイヤーの一人です。デ1ではiPodを聴きながらビンテージのPink Floyd Tシャツに身を包み、その日の午後にはブラウスにイヤリング、カシミヤのベストと服装をガラリと変えることもざらです。WPTのテレビ放送ではドレスを着て、 WSOP のフィールドでは夏を思わせるビーチスタイル。Schoenbergはいかなるときでもファッションをまとめ、カメラに対して準備万端、そしてリラックスできる服装でポーカーに向かっているのです。ハンドバッグもFendiのキャラメル色と、すべてのファッションに彼女は手を抜いていません。

More Stories

どう思われますか?