iMEGA Files ミネソタ州政府をインターネット検閲で訴える

iMEGA Files ミネソタ州政府をインターネット検閲で訴える 0001

相互メディアエンターテイメント賭博協会(iMEGA)は、200以上のオンラインドメインを妨げるようインターネット接続サービス業者に命令したミネソタ州の職員に対して起訴を起こしました。起訴された人物はミネソタ州アルコール賭博部局(AGED)のJohn Willems管理者です。Willemsはインターネット接続サービスに特定のサイトへのアクセスをブロックすることを要求しました。

AGEDを起訴する理由は次のようなことがあげられます:

•AGEDとWillemsはブロックする必要のないサイトを連邦法令を引用してブロックしようとした

•Willemsの命令は、憲法修正第一条の下で米国憲法に保証された言論の自由の権利の違反となる

•Willemsの命令は、貿易を制限する制度を無くす為に作られた、米国貿易条項にも反する。また、合憲性や権威の疑問点の他に、ミネソタ州以外の州でもインターネットルーター関連によってアクセスがブロックされるサイトがでてくる可能性がある。

プレスリリースでiMEGA委員長のJoe Brennan Jr. は「ミネソタ州が誤りに気づいて、アクセスブロックの命令を取り消すことを望んでいます。誤ったオンライン世界への政府による介入は許されるべきではありません」と述べました。

iMEGAはミネソタ州の命令には同意しないとのことで、手紙では「ミネソタ州政府は故意的であろうがなかろうが、政府があなたに押し付けた事しかできないようにミスリードしています。引用された連邦法令は、ウェブサイトには絶対に適用されないので、あなたが政府の権力に従う義務は全くありません」と断言した。これに関係するISPはComcast、Verizon、AT&T、および他の主要なアクセスプロバイダーを含んでいます。

また、iMEGAはミネソタ州下院議員Pat Garofaloの協力も得ました。彼は「このようなことは共産主義の中国のすることであり、我々アメリカ合衆国がすることではありません」と述べました。

WillemsはGarafaloの発言にすぐに反発し「これは現在各地域で活動中の不法オンライン賭博を禁止するための努力から180度逆の立場をとることである」とMinneapolis-St.Paul Star Tribuneの記事で述べました。

More Stories

どう思われますか?