韓国7LuckPokerRoomは日本から1番近いPokerRoomだ!

韓国7LuckPokerRoomは日本から1番近いPokerRoomだ! 0001

韓国は日本から1番近い、合法的にギャンブルを楽しめる国だ。賭け金はウォンで、ここでもウォン安の恩恵を受けられる。

韓国でカジノは、1967年に外貨獲得や観光客誘致を目的に解禁され、現在は国内17ヶ所に存在する。オススメは国営の「セブンラックカジノ」だ。市内中心部にあるミレニアムヒルトン店は韓国観光公社の子会社「グランドコリアレジャー」が運営している。

セブンラックカジノソウル営業本部のぺ・ボング部長は、「VIPを対象とした民営カジノとは違い、観光客や一般客を誘致して、少ない金額でも楽しんで遊んでもらえるのがセブンラックの特徴」と語る。

そんなセブンラックカジノ・ミレニアムヒルトン店に5月、ポーカールームをオープンさせた日本人がいた。株式会社3sideInvestmentの和気康弘氏だ。このポーカールームではラスベガスと同じテキサスホールデムのゲームが楽しめる。

それに日本人による運営なので安心して遊ぶことができる。

「日本ならびにアジアのポーカー普及のためにポーカールームをオープンしました。合法的に安心して遊べる場所を作りたかった」と語る和気氏にぺ本部長は絶大なる信頼を寄せている。

「セブンラックカジノで遊ぶ日本人の割合は今や65%。和気氏と協力して、多くの日本人に楽しんでもらえるカジノにしていきたいですね」(ぺ本部長)

More Stories

どう思われますか?