APT マカオ: Day 1A Steickeがリード

APT マカオ: Day 1A Steickeがリード 0001

8月中旬を迎えマカオでノーリミットホールデムのビッグトーナメントが開催され始めた。ギャラクシー スターワールド ホテル&カジノの8階にて2009 Asian Poker Tour マカオ メインイベントが今日開始された。そしてデイ1をチップリーダーとして終えたのはオーストラリアの人気ポーカープレーヤーであるDavid Steickeとなった。彼はこの会場で2日前に行われたハイローラーイベントで優勝している。

去年のAPTマカオメインイベントには257人のプレーやーがアジア各国から集まった。このうちの103プレーヤーがデイ1Aを選択した。今年のメインイベントはの参加費は去年の$5,300に比べ$900下がり$4,400となった。今年のデイ1Aは133人のプレーヤーが参加し、去年の33%増しとなった。そして、デイ1A終了時には37人しか残らなかった。

今日はSteickeの日となった。彼は何度も普通のプレーヤーが真似できないようなスーパーコールを繰り返し、チップを増やしていった。まず、彼はレベル1の最初のハンドでダブルアップした。Steickeはプリフロップでレイズをコールした2人のプレーヤーの1人だった。フロップのQ(s)-9-5でSteickeは相手の600ベットを1700にチェックレイズした。ターンとリバーは2-7で、相手プレーヤーはリバーでオールインし、Steickeはコール。相手はK-Jのキングハイフラッシュを見せるが、SteickeはA-Qのエースハイフラッシュで勝利しダブルアップに成功した。

彼は序盤のダブルアップでチップを倍にすると、他のプレーヤーにプレッシャーを与え序々にチップを増やしていった。彼の最も冴えていたリードは相手の4倍レイズオールイン(BBの50倍)をポケットナインでコールした時だった。Steickeは自分のスタックの半分をリスクしてコールし、相手のハンドはK-6でスクイーズプレーだった。ボードにキングは落ちることはなく、Steickeのポケットナインが勝利して彼は90,000チップにスタックを増やした。

Steickeが魔法のようにチップを増やしている間、他のテーブルでは彼に追いつこうとグラインドしているプレーヤーが多くいた。Jay "SEABEAST" Kinkade, Rasmus Akerblom, Ian Frazer, Michael Woo, James Sudworthの5人のプレーヤーが55,000~65,000のスタックを維持してデイ1を終えた。 Sudworthはターンで命拾いをした。彼はポケット8でオールインし、相手はA-Qを持っていた。フロップでクイーンが落ちて勝負はついたと思われたが、ターンでなんと奇跡の8が落ち、彼はダブルアップに成功しビッグスタックの一員となった。

133プレーヤーのうち37人しかデイ2に進出しなかったので、多くのプレーヤーが不機嫌でテーブルを去っていった。敗退者の一人となったのは昨年のマカオメインイベント優勝者Yevgeniy Timoshenkoだ。Timoshenkoは序盤に12,000チップ(スタートチップは10,000)まで増やしたものの、調子が悪くそれ以上スタックが増えることはなかった。最後はポケットナインでオールインし、K-Qを持っていたビッグスタックの1人Wooにコールされて、フリップで負けてしまった。デイ1Aで敗退した他の有名プレーヤーはMansour Matloubi, Young Phan, James Potter, Jonathan Karamalakis, Mel Judah, Andrew Scott, Tony Dunst, Corwin Coleなどがいる。

トーナメント管理者は、デイ1Bには最低200人のプレーヤーが集まると予測している。もしそれが本当となれば、合計参加人数は330人を超え、プライズプールは$1,300,000以上となる。

More Stories

どう思われますか?