UltimateBetの親会社Tokwiroの疑い晴れる

UltimateBetの親会社Tokwiroの疑い晴れる 0001

Russ Hamilton やUltimateBet で不正をしたほかの人々の名前とともに、Kanawake Gaming Commissionが2008年に出したUltimate Bet不正スキャンダルに関する決定がニュースの見出しを独占したが、UBの親会社であるTokwiro Enterprises ENRGの免責が決まったこともまた、このスキャンダルへのTokwiroの関与を否定するものだけに、ニュースとなるべきことだろう。

KGCの報告によると、Tokwiroは不正が発覚するまでコントロールシステム上の欠陥に気づいていなかったようだ。Towiroはこの不正問題の責任の所在を明らかにし、自社の所有や運営にふさわしくない人物を特定するために、捜査中KGCに全面的に協力した。

「プレーヤーが健全にプレーできることが我々にとっての優先事項であり、KGCの報告書を含め、この詐欺事件の真相を詳細に知ることができるようになったことに非常に喜んでいる。多くのプレーヤーに、この詐欺事件に関与したユーザーのリストを忍耐強く待っていただくことができ、我々は今いかなる質問にも答える準備がある。」とTokwiroのCEOである Paul Leggettはプレスリリースで発言している。

いかなる不正からも免責されたTokwiroはUltimate BetとAbsolute Pokerブランドの再建に向けて努力しているようだ。プレーヤーへの返金で$22,054,351.91 をすでに支払ったので、 法的な見地からはこれ以上過ぎたスキャンダルについてTokwiroに要求されることはない。

「私どもの顧客とそのほかのポーカーコミュニティのメンバーが、不正を行った個人はわれわれの会社とは何のかかわりもなかったということを理解していただいたのは、非常に重要なことであった。そして、この事実についてKGCの報告書が、プレーヤーたちの理解を助ける役割をすることを望んでいる。ここ数年で我々は文字通り会社を再建させ、新しい経営チームと自らもポーカーに熱い情熱を注ぐコアスタッフを集めた。そしてその成果をこれから数ヶ月で皆様にお見せできることをとてもうれしく思っている。」とLeggett は述べた。

More Stories

どう思われますか?