888poker
New poker experience at 888poker

Join now to get $88 FREE (no deposit needed)

Join now
PokerStars
Double your first deposit up to $400

New players can use bonus code 'STARS400'

Join now
partypoker
partypoker Cashback

Get up to 40% back every week!

Join now
Unibet
€200 progressive bonus

+ a FREE Unibet Open Qualifier ticket

Join now

Joe CadaがWorld Series of Pokerメインイベントに優勝

Joe CadaがWorld Series of Pokerメインイベントに優勝 0001

Joe Cadaが2009年 World Series of Poker チャンピオンとなった。

ノーベンバーナインのメンバーら7人の戦いをたたえる式典の後、10時30分からMotley Crue のVince Neil の"Shuffle up and Deal"で始まった。戦いの火花は1ハンド目の{3-Spades}{k-Spades}{2-Diamonds}フロップから激しく散った。ターンに {a-Diamonds}が来ると、CadaはDarvin Moonの1000万のベットをチェックし、観客からも驚きの声が漏れた。Cadaはすばやくコールし、リバー{k-Clubs} で両者チェック。MoonはポケットクィーンでCadaの9に勝ち、 Moon のチップは飛躍的に増えた。

Moonはこのハンドをきっかけにチップリードを奪っていった。Cadaは超アグレッシブなDarvin Moonに圧倒されているようだった。Cadaが経験の少ないMoonを切り崩してやりかえそうとするたびに、Moonはそれを逆手にとって応戦した。20分休憩の後の時点では21ハンド中14ハンドをMoonが取っていた。

Cadaはこれ以上Moonにやられっぱなしではいけないとわかっていたので、とうとう反撃に出る。Cadaはボタンから300万にレイズし、Moonはコール。フロップが{10-Clubs}{5-Diamonds}{9-Hearts} となると両者チェック。ターンは{10-Diamonds} で、Moonチェック、Cadaはさらに300万ベット。Moonはすぐにオールインを言い渡すと、CadaはWSOPメインイベントでの生命をかける決意をした。Cadaは辛抱強く自分の行動を考えながら水を一口のんだ。結局、静かに Cadaは「コール」と言い、 {j-Hearts}{9-Diamonds} をひらいた。Moonは{7-Spades}{8-Spades} で、タイトルを通るためには6かJが必要だった。リバー {3-Hearts}が開かれるとCadaはチップリードを取り戻し、約1億800万となった。

Cada はこの後リードを伸ばした。 {9-Clubs}{10-Clubs}がボード {10-Diamonds}{k-Spades}{7-Hearts}{8-Hearts}{9-Diamonds} でツーペアになった時、Moonはマックした。Moonは7470万となり、Cadaは1億2010万。Cadaは明らかに流れをつかんでおり、勝利も近づいた。彼がダブルアップした後たった8ハンド―ファイナルテーブル 364番目のハンド―で、Cadaはタイトルを取った。

Cadaはボタンから300万にし、 Moonはそれを800万にした。Cadaはオールインする前にチェック。Moonはトーナメント生命をかけた場面で自身のカードを2度確かめてからコールした。Cadaは{9-Clubs}{9-Diamonds} で、ヘッズアップ最初のハンドと同じポケット9だった。しかし今回はMoonは{q-Diamonds} しか持っておらず、もう一方は {j-Diamonds}だった。

観客が叫んだり飛び上がったりしている中、ディーラーがフロップを出した。

{8-Clubs}{3-Clubs}{7-Spades}

Cadaにとっては安全なフロップだった。Moonは立ち上がってどこともなく見つめていた。Cadaはこれからのカードを見ることに耐えられなくなり、友人Cliff "JohnnyBax" Josephyの腕につかまっていた。{k-Hearts} が来て Cadaはひやりとするが、安全ではあった。

Moon はJかQが必要だった。ドラマチックな展開は言葉では言い表せないほどだった。このあと1枚の場面で、この盛り上がりの中で、ディーラーがリバーに取り上げたのは:

{7-Clubs}

Joe Cadaが友人や家族囲まれて、大きな歓声が沸き起こった。Darvin Moonは首を振って、ゆっくりとテーブルから離れていった。Cadaはすばやく握手を求めに行き、互いに褒めあった後、Moonは退場した。まさに劇的な勝負の後、Moonのメインイベントは幕を閉じた。

World Series of Poker責任者Jeffrey Pollack がステージに現れ、Darvin Moonの健闘をたたえたあと、World Series of Pokerメインイベントブレースレットを21歳のCadaに手渡した。目に涙を浮かべたWSOP新チャンピオンCadaは誇らしげにブレースレットを頭上に掲げ、Darvin Moonにも言及しさらに応援してくれた人たちに感謝の言葉を述べた。

新しいチャンピオンはJoe Cadaとなった。

どう思われますか?