Asia PokerNewsはKai Paulsenと インタビュー: パート1

Asia PokerNewsはKai  Paulsenと    インタビュー: パート1 0001

最後のAsian Poker Tournament Tour マカオのイベントのようなアジアで最近のトーナメントから認識する1人の選手は、ノルウェー's Kai Paulsenです。Kaiは世界中でライブトーナメントでオンライン・ポーカールームPKRを代表され、来たるPAGCOR Chairman Cupの中でプレーするべきマニラに最近いました。

彼がThe Poker Circuit(TPC)について知識を得た時: Asia Poker Newsによってトーナメントに差し込まれて、彼は、突っ込み、それに発射を与えることを決定しました。一般にフィリピンとポーカーについての彼の考えを得るために、Asia  PokerNewsは、KaiとTPCのトーナメントをつかもうとしましたKai 、今日は、そのように、最初に離れて、どのようにこのトーナメントについて知識を得ましたか「とAsian Poker News を尋ねたこと。」

私が、来たる100万の保証されたトーナメントでプレーするべきマニラへ、ここに来て、私が何人かの友達と付き合うするためにここに少しより早く来たので、それは奇妙です。その後、私は、TPCのトーナメントがAsia PokerNewsの上でオンラインであるのを見ました。ちょっと、これはいいですね、私はこれを試してみたいですと思ったこと。

PKRチームの残りはここに同様にありますか?

いいえ、それはそうです、単に私。私が何人かの友達を訪ねるマカオにいました。また、私は、さらにトーナメントのうちのいくつかでこの先週末をプレーしました。どれくらい頻繁にアジアでプレーしますか。APT又はAPPTの競技が実際にある場合は常に。時々、私は休暇の間行きます。また、トーナメントがまわりにある場合、私はそれらの中でプレーします。大きく、小さくて、それは実際に重要ではありません。

あなたのための典型的な日はPKR賛成論として何ですか?

私がノルウェーに戻っている場合、私たちはカジノを持っていません。したがって、ほとんどの時間をオンラインで過ごします。その日に2時か3時の間に起きて、恐らくいくつかのワークアウトをして、友達と付き合った。その後、 夜7時、あるいは8時ごろに、PKRにログオンして通常5-10と10-20ゲーム。夜としてのオンライン・トーナメントのプレーは同様に進みます。

私は、さらに、PKRを表わし、大きなライブトーナメントの多くでプレーするアジアとヨーロッパのような場所ので旅行して時間を過ごします。

したがって、あなたが、ノルウェーで生まれましたか?

実際に、私はマニラで生まれました。生物学的に、私はフィリピン人のものです。しかし、私が2歳だった時、ノルウェーへ採用されました。したがって、私はその後そこに常に住んでいます。どれくらい頻繁にフィリピンを訪れますか。5年前に、フィリピンに戻り、その国をちょうど愛していたまで、それはそうではありませんでした。その時以来、私は、休暇のために時々戻っており、何人かの友達を訪ねており、ポーカー・トーナメントでプレーしています。フィリピンで行ったことのあるすべての場所から。どれはここまであなたのお気に入りである?ハ、ハ、「通常の笑い」、それは明確にBoracay「ボラカイ」です。それは美しい島です。私が数週間前にマカオでRED DRAGON TOURNAMENTの前にそこにいました。すぐに、Kaiとの私たちのインタビューの一パート2を戻ってチェックします。

排他的なfreerolls(フーリ・ロールス)、ボーナス、及び促進を手に入れる為、Asia Poker News (アジア・ポーカー・ニュース)をオン・ライン・ポーカー・ルームにお申し込みを下さい!

是非、その他のニュースと情報につきましては、私達の

http://www.facebook.com/AsiaPokerNews

http://twitter.com/asiapokernews にご参加下さい!

More Stories

どう思われますか?