Poker Players Allianceの対応

Poker Players Allianceの対応 0001

オンライン・ポーカーのブラック・フライデーと呼ばれている先週の金曜日の事件に対してPoker Players Alliance(PPA)が対応し始めた。PPAの会長であるAlfonse D'Amatoは「オンライン・ポーカーは違法行為ではなく、またそうのように扱われてはいけない」と言った。また「アメリカの国民は誰でも自由にポーカーを楽しむ権利があり、今回の事態を解決するために最後まで戦う」と意志を述べながら多くのユーザーたちを安心させた。

月曜日PPAはTake Action Pageを開いてDepartment of Justice(DoJ)のフェース・ブック、Congressとオバマ大統領にイーメール、そしてPPAのフェース・ブックのページに市民たちの意見を掲示し、この事態に対応することができるようにした。

PPAのExecutive Director John PappasはDoJが今回の状況になると共に全国のポーカー・プレーヤーたちが力を合わせるべきだと言った。そして、今の状況をチャンスとして権利を守らないといけないと言った。

またPappasは今回のDoJのアクションはアメリカの全ポーカー・プレーヤー達に戦前布告のような行為だと言い、たとえDoJがオンライン・ポーカーサイトだけを攻撃しているように見えるかも知れないが、実際には全プレーヤー達の自由に対する戦前布告だと述べた。

一方PPAの仲間であるCapital HillのBarnet Frankは今回のDoJは捜査資源の無駄使いだと言い、イースターの休暇から復帰する同時にこの事件に対応すると意志を述べた。

More Stories

どう思われますか?