強い手札でもフォールド

強い手札でもフォールド 0001

ポーカーの戦略において最も難しいことは、強い手札でもフォールドするということである。セブンカードスタッドをプレーしている場合で、初手でポケットエースを持っていて、相手が7-9-Jを見せている場合を考えてみる...もし相手がQ-10を持っているという状況で、フォールドするということは非常に難しい。しかしホールデムにおいては、コミュニティカードを使用するということでいくらかの難しさを取り除いてくれる。つまりいくらかは難しい状況でもフォールドできるわけである。

残念ながら、ほとんどのプレーヤーはハンドを捨てることを拒みたがる。これは普通二つの理由による。まず初めに、多くのプレーヤーは自分のハンドに集中しすぎる。もしAsAcという状況で、ボードがKd-Kh-Qh-Jh-9hで、リバーでベットが入り、さらにレイズがあった場合、エースペアではもはや勝てない。しかし初めのプリフロップのポケットエースで、"相手がエースペアよりも強い手札を持っているのか?"という問いよりも"エースペアだからコールしなければ"と思ってしまう。二つ目の理由に、ティルト状態となっている(多かれ少なかれ)。ドローハンドによって、例えば2つの大きなポットを逃したプレーヤーは、たとえ嫌なカードが落ちても相手にそう何度もドローハンドを引かれてはいまい、だからリバーまでコールする、ということを決めてしまっているのだ。これはティルト状態になっていることに無理やり理屈をつけているだけである。心配しなくてもいい、誰でもそういう状態になることはある。ティルト状態をコントロールすることを別の機会でも述べていきたが、ここで述べたいのは、いい手札でもフォールドするということだ。

*ボードが危険すぎる状態

これは一番明らかな場合ですが、まず、あなたがこういう状況に適応できる感覚を持っていると信じたい。例を挙げてみよう:プリフロップでポケットエース(ハートなし)が来て、ボードがK-K-Q-J-9で4枚がハートという状況。もしワンベットでも入ったら、私はフォールドすることをまず考える。ボードが危険な時にリバーでベットするプレーヤーは普通非常に少ないからである。この状況の場合、ワンベットにコールすることも考える(この考えるという部分を強調したい)かもしれない。しかし、この場合のコールは'感覚'とか直感による。普通の場合は、フォールドだ。

もし、同じ状況で、二人以上の相手がいてベットとコールがあったら、私は躊躇なしにポケットエースをマックする。私は間違っているだろうか?大事なのは、どれだけ正しいフォールドをしたかで、もしポーカーでこのような正しい決断を80%できたとしたら、長期的に大きな金額を節約しているということになる。

ボードが2h-7h-10c-Qs-5hというような状況でスモールフラッシュを捨てることができますか?フラッシュは素晴らしい手だ。しかし、もしリバーで相手がベットして、さらにレイズが入ったら、私は普通はフォールドする。なぜなら多くのプレーヤーは3枚目のフラッシュのカードがリバーで落ちた時にレイズするという危険なことをしないはずだ。だから私のフラッシュよりも強いフラッシュを持っていると判断するのである。

*あなたのスタイルを相手が把握している場合

プリフロップでアーリーポジションの時に、KKでレイズしたとしよう。二人がコールした。もしフロップが8-9-10という場合、私はまずベットする。そこでレイズされたらリレイズし、自分がどの位置にいるのかを確認し、まず3番目のプレーヤーをフォールドさせようとする。もし相手がさらにリレイズしてきたら、心理戦のレベルの判断が必要になる。私の相手は私の手札をどう予想しているのか?私はプリフロップを絞り、もしアーリーポジションでレイズすれば強い手札ということを意味する。そしてフロップでベット、相手からのレイズ、私のリレイズで、相手は私がAKではないと思うはずだ。つまりオーバーペアを持っていると。

もし相手がここでコールすれば、相手は私がKKかAAを持っていることに不安だということである。リレイズするということは、私がAAかKKということはわかっていて、それよりも強い手札を持っているから不安ではないということである。

もし相手がフロップでコールしたら、ターンがあまり重要でないカードならさらにベットする。そこで相手からレイズがあれば、上記と同じ理由でフォールドすることを考える:あなたをAAかKK等と判断しているに違いない。簡単に言えば、相手がこちらの手を予想し、レイズするのであれば、強い手札でもフォールドするということが明らかに必要な状況ということである。例外は目を閉じて祈るような、非常にタフなゲームおいてのみであろう...

上記の例は、ボードが危険でないと思われる状況の時にも当てはまる。下記では危険な場合を提示してみた。私がポケットエースの時にボードがJ-9-3-4の場面でフォールドしたことを思い出す。プリフロップでレイズし、フロップでベットした。二人にコールされた。一人はとてもおどおどしている様子だ。:彼は強い手札のようだがベットする代わりにチェック。ターンで一人がベットし、おどおどしたプレーヤーがレイズ。私はフォールドした。あなたの予想通り、このプレーヤーはポケットジャックを持っていたのだ。もう一人のプレーヤーは9-4で、ドローイングデッドの状態であった。つまり弱い手札であったのに、ぶつかり合う状況になってしまったわけだ。どんな場合でも、プレーヤーのタイプを正しく把握することでこのようなターンのフォールドが可能である。彼のスタイルがモンスターハンドであるということを私にわからせてくれた。

補足として伝えるが、オンラインポーカーではそのような素晴らしいフォールドをするのが難しいということである。相手がどんな手札を持っているのかということが、実際に相手を目にしていないため、わかりにくくなるのだ。頼るのは相手のベットパターンとスタイルだけである。とは言うものの、オンラインプレーヤーはとても早くアクションをしていくので、各プレーヤーのスタイルを覚えておくことも難しくなり、より推測の機会が多くなり・・・そしてコールしてしまうのである..

More Stories

どう思われますか?