Hold’em with Holloway, Vol. 66: キャッシュゲームバンクロールマネージメント

Daniel Arfin

Hold’em with Hollowayでは、ミッドステークスプロのTodd Breyfogleさんへバンクロールマネジメントについて話を伺い、これはPokerNewsの編集者であったKristy Arnettさんの夫であり私の友人でもあるAndrew Morenoさんの記事PokerNews strategy article に続きました。

今週はバンクロールマネジメントの重要性について他のキャッシュゲームプロに話を伺います。

”慎重なバンクロールマネジメントは収益を上げるポーカープレイヤーの核です”

これはノーリミットホールデムで$5/$10から$10/$20へと駆け上がる成功に寄与したものは何ですかという問いに対するDaniel Arfinさんの言葉です。

”バンクロールマネジメントというゲームは忍耐そのものです”とArfinさんは続けます。
”たとえイライラしながらプレイしていたとしても、バンクロールマネジメントを慎重に行っている限りは、プレイの全てとはいきませんが、バンクロールマネジメントに重きを置かない慎重なプレイヤーよりも安全なのです。
大惨事はノーリミットではすぐにやってきます。”

Arfinさんは結果として高くつくセッションで多くの悪い決断を下したことを認めていますが、それが彼のバンクロールに大きな穴をあけたことは一度もありません。
なぜなら彼は毎晩のゲームの基本として、バンクロールに対し大きすぎるスタックを持たなかったからです。

”どんなステークスでも常にバンクロール以上のスタックを持っていたいと常に思っていました”とArfinさんは認めます。
”ポーカーでの勝利は長く険しい道のりです。
空を駆け上がろうとしても落ちるほうが早すぎて出来ないような悪循環が始まるのです — たとえ望まずとも抜け出すのが難しいようなね。”

$1/$3 or $2/$5をプレイする時、少なくとも25倍のバイイン資金を持っておくことをArfinさんは推奨しますが、本当に万全を期してプレイしたいときは50倍近くまで引き上げるべきでしょう。

 101
Daniel Arfin

”15倍や10倍では不可能なのでしょうか?
いいえ、不可能とポーカーが一緒であることはめったにありません。
しかしなぜこのようなプレッシャーにさらされるのでしょう?
誰もがいつかはカードの悪い引きにさらされてしまうということがあるのです”と彼は説明します。

”良いバンクロールマネジメントについての理解は大きなストレスを感じる時にそれを和らげるクッションとなってくれます。
時にはバンクロールのストレスがあなたのプレイにも影を落とすでしょう。
どんなにバンクロールの運用が悪くても、トラブル下においてあなたが感じるであろうこと(ストレスや不安)とは切っても切れないものなのです。”

これらは覚えておくとよい数ではありますが、絶対にこうでなくてはならないものではないとArfinさんは認めます。
しかしあなたがこれらを完全に無視したなら代償を支払うことになるでしょう。

”どんなポーカープレイヤーになりたいのか、あなたは選択せねばなりません。
幾人かは手っ取り早くゼロからヒーローになろうとしてワイルドなライフスタイルを取っていつかは夢破れます。
なぜなら彼らは追い越し車線で暮らさねばならず、また自身のバンクロールについては気を配らないからです。
大きく張り派手に散ります。
これが彼らがしたいことなのです。
大金を持つ時は荒っぽくなりそしてそうでない時は戻る方法を探すのです。
結局この悪循環で彼らが得るものは何もありません。
こんなことがあなたがしたいことなのでしょうか?
もしそうであるなら、罰金です。
このようなライフスタイルとプロの基盤を一緒くたにしないでください。”

Arfinさんは続けます:”私達は皆、僅かなコインが大きな富へと至ったギャンブラーのストーリーを耳にしたことがあります。
これを理解するのに重要なのは、このような人々は莫大な富を成したとしても、結局それら全てを失ってしまうということです。
栄枯盛衰というわけです。
バランスのとれた人はこれほどには勝てないでしょう。
彼らは、結局どうなるかはわかっているため、より少ないところで止まり失うリスクを避けるのです。”

Arfinさんにとって、こういったものへの最善策はストップロスを定め、それを厳密に守ることです。

”あなたの最大の損失はおそらくあなたのこれまでのベストゲームの中にあるでしょうが、私達は皆、あなたが誰であれ、十分な量のスタックがなかったとしても、少なくともわずかにはプレイするものだと思うのです。
明日、若しくは脳や感情が再充電される日のために、手にした利益を確定しましょう。
根気よく慎み深くゲームにアプローチすればポーカーで稼ぐことはできますし、真のプロ達は皆そのようにプレイしているのです。
ポーカー自体はあなたの懐やプレイしている最後の1ドルも気にしてくれません。
テーブルについていればいつだって負け得るのです。”

最後に、Arfinさんは結果を追うことは必須だと繰り返します。

”結果をまめに追うことを強く奨励します。
費やした時間でどれだけの価値を成したかを把握することはプロであることの一要素です。
しかしながら追うかどうかはあなた次第、ということは確かです。
多くのポーカープレイヤーがこれに耳を貸しませんが、バンクロールマネジメントはあなたのキャリアに常について回るものです。”

Arfinさんをツイッター@DanielArfinでフォローしましょう。

ポーカーニュース日本語版のツイッター及びフェイスブックでも様々なポーカーニュースを更新しています。
公式フェイスブック
https://www.facebook.com/PokerNewsJapan/
公式ツイッター
https://twitter.com/pokernewsjp

More Stories

どう思われますか?